トップページ > 診療案内 > 歯周病

歯周病

歯周病治療について

歯周病とは歯についたプラーク(歯垢)が歯と歯茎の間に入り込み、歯を支える骨を溶かす病気です。
歯周病にかかっている可能性があるのは、歯肉が腫れる、歯肉から出血する、口臭が気になる、歯がグラグラするなどの症状です。「喫煙」「糖尿病」等も原因にあげられます。
自覚症状が少ないので、気づくのが遅れることがあるため、いざ歯科医院で歯周病治療に取り組もうとした際、手遅れになる場合もあります。

成人の歯周病は、30歳ぐらいから自覚症状もなく発症し、歯周病治療処置を行わないかぎり加齢とともにゆっくり進行します。
現在の調査では成人の多くが歯周病になっています。
日本人には歯科医院で歯の定期検診を受ける習慣があまり無いため、歯周病はあまり減少することがありません。
歯周病は自分自身で予防していくことが大切です。
梅田の当歯科医院の歯周病治療は根本治療です。
できるだけ多くの歯を残せるように長期的に治療に取り組み、歯周病の原因から取り除いていきます。

歯周病治療について